FC2ブログ

こんなに語れるほど

オメガ読んでて。
なんか新たな真実(?)が出てきたので書く。

ずばり(なにが)人物相関図について。
■クラウドとティファ
 ティファからクラウドに「好意」があるが、逆は書かれていない

■クラウドとエアリス
 (やっぱり)エアリスからクラウドに「好意」はあるが、逆はない

■エアリスとツォン
 ツォンからエアリスに「好意」がある(え!?そうだったの!?)
 でもエアリスからツォンへは「幼少時から見知る」程度(苦笑)。

■シドとパルマー
 …上司と部下、なんだってサ。(ただしシドはのちに宇宙開発部門脱退)

■忍者父娘
 …「父」と「娘」以外、なにも関係が書かれていない!(うわぉ)
 せめてユフィは神羅に「憎しみ」くらいあってもよかったんじゃ。

■英雄
 改めて宝条(とルクレツィア)の息子だと思うとなぁ……。
 完璧に母親を引き継いだのか。
 そしてジェノバと同化。あぁ、そうだったのかぁ(阿呆

■そしてなぜ。
 …………ディオがいる。(゚ □ ゚)ポカーン


クラウドはパーティメンバーの誰かとは一緒になってほしくない。
(だからАСはそういう点でも満足)
あ、そんな選択肢ないけど(爆)
クラウドって、恋愛感情があんまり(ていうか全然)ないと思うんだよね。
本編最終決戦前にティファと話したとき、確かに2人の思いが一緒だったのはわかるんだけどさー。
なんつーか、それはやっぱり一緒に戦う仲間として支えあう気持ちっていうのかな、そういうのだと思うわけよ。
だからエアリスのことも……ね。おんなじような感じ。

クラウドに関してもう1つ。
なんで彼の性格って、偽者(物?)のほうが多いのかなぁ。
本編では本来の彼を取り戻したんだよね。
でも他のゲスト出演してる作品のクラウドは、全部本編序盤の性格なんだよねー。
そっちのほうが人気があるってことなのかなぁ。
それとも、本来のクラウドって一応ネタバレっぽいからとか。
自分としては後半の本当のクラウドのが好きなんだけど。
最終決戦突入前、「よし、行こうよ、みんな」とか気の抜けたセリフ言って、バレットに「もっと気合入れてしめてくれよ」とかなんとか言われるクラウド、本当に好きだと思った。(告白?)
強くて頼りになるんだけど、どうもその強さが彼の性格や言動に似合わない。仲間にしっかりしろよ、ってどやされる。
私がイメージするクラウドってそんなカンジ。
АСでも、バハムート震と闘うときに遅れてきたクラウドに助けられたバレットが「遅ぇんだよ!!」って言うところとか好き。
「ああ、これこれ!」って思った。


・・・なんかクラウド語りオンリーじゃん、これ(スイマセン)。
スポンサーサイト





やっちまった再び

FINALFANTASYⅦ アルティマニアオメガ

買いました。
なかなか見つからなくてアマゾンで注文しようかと思いつつなんかめんどくさくてしなかったけど(長)
いやー、今更アルティマニア(しかもオメガ)が出るってどうよ。
なんつーかFF7に力入れすぎじゃないですか■e社と思いつつ買っちゃうユーザーですからね(私)。

内容はかなり細かく、しかもオールカラーです。
解体真書で少し物足りない感があったので嬉しい。
んで、少し気になったことがあるんだけど。
クラウドはティファのことが好きだったの?
なんかはっきり書いてあるし…
ゲームでは全然そんな感じしなかったんだけど。
うーん、でもどっちにしろ7やりたくなったよぅ……。

さて、とりあえず思ったままの感想は書いたし(オイ
もう一回読むかなー


あ。
誕生日おめでとう、M。


あしたは

でかけたいなー。

WORKING!!の単行本欲しい。
あ、あと、友達の誕プレ買いに行かな。

誕プレって何あげようか迷うっスよね。
ま、大抵自分の好みで選ぶんだけどね……(ある程度こういうの好きそうとかは考えるけど)


どうでもいいけど、土曜日と日曜日どちらが楽しみかってきかれたら
絶対土曜日って答えるとおもう。
うん、なんでかしらんが。


お・にゅぅ

ブログテンプレ変えてみた。


イエべつに心境の変化とか意図とかは特にありませんよ(きいてないし
くまーがカワイイじゃないすか。くまーが(←?

でも多分すぐもとに戻すと思いますがね(なんで変えたの!)


どうでもいいけど、「n」をひとつ打ち忘れて「ほにゃく」って打っちゃったときの変換が

きちんと「翻訳」になるのはなぜですか。



ダーメーだー


進まんとです。
結局午前中はゲーム(ロマサガ)やっちゃったしー。
あ、ミンストレルソングね。
スーファミ時代が思い出されていいわぁ。
ラスダンまでいったセーブデータに上書きしちゃったこととかね。
それきりソフトをしまいこんで存在を記憶から抹消したりね。
どうでもいいけどあのシフさんの髪型(闘牛?)どうなのさ。


午後は道具を調達しにいくか、家にあるものでやりすごすかで迷ってるど。
ていうかぶっちゃけ外出するのがめんどいど。
どんな言葉づかいだっつーね。


ストーブ出したよ(本文と関係なし)


インフルエンザの予防接種受けました。


うん、まあ素直に痛い。と、言っておきます(何なの
友達に「受けないの?」と聞いたら

「新型にかかったら意味ないじゃん」

だ、そうです。
あぁ、そうか………………(納得)




あー、そろそろ頼まれたものをやらなきゃいけないのだが
どーもうだうだ延ばしちゃうよーう。
野ブタ観ながらやるか…(進まなそー


いつもそこから(何


サイト移転&改装終了ー。


改装っていつも突然のような気がする。
まだ2回しかしてないけど。


fc2webは無料で1GBという素晴らしい魅力があるんですがね。
サーバーが使いやすいとは言い難いし(前、突然いろいろと表示されなくなったときは焦った)......。
有料版にするってのも考えたんですが、支払いの方法に銀行振り込みがなかった(準備中)ので諦めました。
まぁホームページサービスはともかく、ブログとBBS、メールフォームはまだお世話になってるのであんまり文句は言いませんです。ハイ。
テンプレに関してはもっと他の配布サイトまわるつもりだったけど、なんか面倒になったのでパス(結局それか。
でも今のデザインお気に入りだから、まあ当分は変えないかなぁ。
ていうかもうかなり短い間隔でサイト改装しちゃってるし。





いろいろと


近いうちにサイト移転しそうです...
というよりします。
そしてHPもリニューアルします。
もっと先のこと考えて行動しなさいって自分に言い聞かせたくなりますがね\(--
でも自分の納得がいくまではちょろちょろと変えていきたいと思います。うん。


日本が…


もう泣きまくって目が痛かったです。
夜、眠れませんでした。

翌日も、何をしていてもいろいろなシーンがフラッシュバックしてきました。



そんくらい、衝撃がすごかったです。
実写 「火垂るの墓」


今でも思い出すと言葉にならない思いがこみ上げてきます。
本当に、戦争なんてものは存在してはならないものだと思いました。



清太と節子の演技にひたすら涙。
2人のお母さんが亡くなったシーンから涙が溢れ始め、すべてが終わったあとも止まらなかったですよ。


清太が初めて盗みを働くところでは心臓を鷲掴みにされるような気持ちになり、節子が息を引き取るところからはもう画面が涙で見えないくらいでした。
ただ2人が「かわいそう」ということだけではないんです。
あの久子おばさんの行動も、すごくすごく理解できるから余計にどうしようもない気持ちになるんです。
もちろん、このお話は現実をもとにしたフィクションだし、原作との違いもあります。そして戦争中、みんながみんなこうした体験をしたわけではありません。もっともっと辛いものがあっただろうし、久子おばさんとは違った考えをもち、みんなで助け合って生きていこうとした人もたくさんいるのだと思います。
それでも、この火垂るの墓は見る人に必ず何かを伝えるのだと思います。それが戦争が人の心までも奪ってしまうこと、「死んだら負け」という久子おばさんの言葉の意味、死んでしまった人たちの思い、生き抜いた人たちの思いなど、それは人によって違うと思います。
だからこそ、ぜひこの映画をいろいろな人に見てもらいたいと思いました。


あー、もう限界かも。
とにかく、切なすぎて英語でまで感想を書いてしまった。(え?


いや、ALTの先生にも読んでもらいたいなぁとね……。


うわぁい

日記もまともにつけられないなんて、もうダメ人間なんて言葉じゃ足りないくらいだよ!



えー、そんな感じの捺端香也です(何のこっちゃ…


そんではジャンル別に最近あったことなどを。



学校の文化祭がありましたー。
いやーね、それで私ゃイラスト講座なんてのをやってみたわけよ。




指切りました。




カッターで。
左手の薬指。
切った感触ってのが全然なくて怖ぇーのですよ。
「あ、やべ」って思った瞬間もう血がぶしゅーっと…
止まんなくてあせったあせった。
そんな感じでしたが私血とかそういうのダメです。人間の臓器とか、そんなのも考えただけで首筋がなんか落ち着かなくなってくる(やばいんじゃないの)



バンドエイド貼りかえるのもいやでしたが、今はもう大丈夫…?
くっついたみたい(傷口が。




とりあえず文化祭の思い出はそれのみです。


前頁  | HOME |  次頁

RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2007年12月(1) | 
 | 2007年11月(3) | 
 | 2007年09月(5) | 
 | 2007年08月(5) | 
 | 2007年07月(9) | 
 | 2007年06月(6) | 
 | 2007年05月(11) | 
 | 2007年04月(14) | 
 | 2007年03月(8) | 
 | 2007年02月(5) | 
 | 2007年01月(18) | 
 | 2006年12月(21) | 
 | 2006年11月(22) | 
 | 2006年10月(17) | 
 | 2006年09月(31) | 
 | 2006年08月(26) | 
 | 2006年07月(18) | 
 | 2006年06月(16) | 
 | 2006年05月(13) | 
 | 2006年04月(11) | 
 | 2006年03月(12) | 
 | 2006年02月(13) | 
 | 2006年01月(14) | 
 | 2005年12月(13) | 
 | 2005年11月(10) | 
 | 2005年10月(5) | 
 | 2005年09月(4) | 
 | 2005年08月(21) | 
 | 2005年07月(2) | 
カテゴリー
自己[32]
本[5]
未分類[8]
外出記録[18]
漫画[17]
アーティスト[55]
ネット関係[34]
日常[103]
ゲーム[29]
鑑賞[12]
ごちゃまぜ[41]